リサイクル

合同会社さくらクリーンサービスのトップ › リサイクル

リサイクルに関する情報

リサイクルを検討する際のコツ

リサイクルを検討する際のコツ

他の方にとって少しでも利用価値が無いと買取は難しくなってしまいます。製造日、使用年月を確認しておきましょう。また、汚れなどを拭き取っておくことをお勧めします。少額やお金にならなくても、誰かに使ってもらいたい、処分代がかからないメリットなどの視点も持っておくといいでしょう。もし、再利用不可能という査定で処分代がかかっても、家の整理、部屋のスペース拡大などの目的があれば、処分してしまう事も選択肢に入れておきましょう。

リサイクル業者の買取基準

  • 1

    家電製品

    製造から6~7年が買取りの目安となります。古い製品は故障のリスクも高く、買い手とっとも魅力がないからです。

  • 2

    大型家具

    購入したときは高額な商品である大型家具ですが、現代の住宅事情やライフスタイルの変化などにより、人気が無くなってしまいました。新品同様な商品のみ対象となります。

  • 3

    季節商品

    ファンヒーターや扇風機などの季節商品は、季節外れだと対応が難しい場合があります。

  • 4

    その他商品

    状態が良く、需要の多い商品が人気があります。

リサイクルの作業項目

  • 1

    A. 店頭への持ち込み B. 出張査定

    (出張費がかかる場合、その他の不用品も整理しておき、
    処分も合わせて査定してもらう事をお勧めします。)

  • 2

    外傷の確認

  • 3

    製造日、使用年月の確認

  • 4

    使用可否の確認

  • 5

    持ち運び工数の確認

  • 6

    査定

リサイクルに関するポイント

ケース(いつ?どんな時に?)

リサイクルをするタイミングとしては、次のようなケースが考えられます。

  • 1

    新しい商品を購入したので、古いものをリサイクルに出す。

  • 2

    引っ越しに伴い、不要な物を整理してリサイクルする。

  • 3

    家族が減って、もう使用しないので。

  • 4

    お小遣い稼ぎとして。

  • 5

    物を整理してリフレッシュ(断捨離:だんしゃり)


リサイクルの手段

リサイクルをしようとした時に2つの選択肢があります。

1.フリマアプリやオークションなどを使い、個人間で売買をする。
2.リサイクルショップなどの業者に依頼をする。

※1の個人間の売買は、気軽にできるメリット。出品や発送の手間であったり、個人間のトラブルなどのデメリットが考えられます。


何の為に?

不要になった品物を保管しておくことは、色々な意味で無駄でもったいないことです。あまり古くなりすぎると、いざリサイクルしようとした時に、もう需要が無くなっているかもしれません。リサイクル出来ないものは、処分代を払って処分するしか方法が無くなってしまいます。

リサイクルを依頼するメリット、注意点、トラブル

リサイクルを依頼するメリット

業者に依頼するメリットは下記が考えれます。

1.大きな物も出張して回収してもらえる。
2.自分で梱包などしなくても大丈夫。
3.その場で現金化できる。

リサイクルを依頼する際の注意点

依頼する業者によっては商品ごとに得意、不得意があるので、何社かに査定を依頼することをお勧めします。又、回収にきてもらうと人件費等が発生しますので、ご自分で店頭に持ち込まれた方が、高額での買取りにつながります。もちろん、リサイクルしたい商品をきれいにすることは必須条件です。

リサイクルをめぐるトラブルについて

依頼した業者によるトラブル

依頼した業者が、買い取った後に不法投棄をするケースもございます。依頼する業者が信頼できる業者か、会社の経営年月やスタッフの人柄などもしっかりチェックしておきましょう。

お問い合わせ

お電話・メールでの
お問合せ・ご相談はこちら

受付時間:8:00~20:00(年中無休)
担当:小松(コマツ)

PAGE TOP
メールでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ